エンタメ仏教やっちゃれい! hiroshima seinen souryo shunjukai
  • ニュース
  • イベント

2019 12/16 UP

Shunjuエクスプレス部会主催『紙面デザイン講習会』

 

先日、Shunjuエクスプレス部会(以下、SE部会)が【紙面デザイン講習会】を会員向けに開催しました。
SE部会は春秋会の会報誌『Shunju』を作成しています。
時には会外にも発送していたそうですが、現在は寺院のみへとなっています。その『Shunju』をより一層、魅力的にするためにデザインを学ぼうという企画です。
私は遅れて研修会場入りしたのですが…。「へぇ~」、「ほぉ~」、講演に耳を傾けて静かなはずの室内に度々、感嘆のため息が響く。むむっ!御講師の、そして感嘆の声を上書きするように会員のレジュメへペンを走らせる音が鳴り響く!!
御講師は「株式会社StudioC3 代表取締役 山田直樹先生」 ← 新田部長のお知り合いだそうで柔和な雰囲気です♪そして「大阪デザイナー専門学校 講師 加谷美奈先生」 ← デザインへの情熱が内側よりほとばしっておられます♪
【写真A】
紙面をデザインする工程や、ブラッシュアップする例などお話してくださいました。
会員一同で感謝カンゲキ雨嵐。人は「余白がない物を嫌がる」、「大切な情報は真ん中にあると思い込む」そうした人間の無意識下にある習性も思慮してデザインを組み立てるというところには特に感銘を受けました。「目にする人の事を第一に考える」言うは易しですが、何と難しいことか。この研修をどう今後の『Shunju』に活かせるか。いやさっ!活かしてみせよう!!
 【写真B】50
…とここまで読まれた方の中には「は?うちには『Shunju』は届かないし。関係ないし。」お待ちください!そんなことはありません。研修中に私の隣で小川会長が「なるほど…私たちがする布教(仏様のお心をお伝えする)も一緒ですね。でしょ?ねぇ?ねぇ?」…うるさいな。(笑)ただ、なるほどなぁ。確かにデザインも布教も伝えたい事柄をいかに相手に表現するかが重要。もちろん内容が第一だけれども、「どんな人に、何を、何故、いつどこで伝えたいか」、あるいは話の構成の創意工夫…つまりデザインが重要ではありませんかっ!ならば春秋会における全ての活動に今回の研修が活かせれます。そうっ!アナタへの発信に活かさせてください。『Shunju』に「オアシス法話」に「春秋会イベント」にどう生かされるか乞うご期待。
【紙面デザイン研修会】でいよいよ、会員たちの輝きが増す!どうかご覧あれ、keep on shining!
Shunjuエクスプレス部会 河野 法誓
【写真C】
ニュース
イベント
ニュース&イベント